リーディングで イノベーションのエッジ

テクネティックスグループでは、お客様の最も要求の厳しいアプリケーションに対応するために、新しい設計シーリングソリューションを継続的に開発しています。当社のクラス最高のプロセスは、業界をリードするフランスの研究開発ラボから世界各地の製造施設に至るまで、当社の各拠点で実践されています。

問題解決。 最高品質のソリューションを見つける

テクネティックスグループでは、常に画期的な改善と革新を目指しています。そのための具体的な活動として、シックスシグマのトレーニングと認定、CIとリーン生産、そして、エラープルーフ(ポカヨケ)などの新しいアイデアを開発した社員に報奨金を与えることでイノベーションを促進する、テクネティックスグループ独自の「社員アイデアプログラム」があります。全社員が定期的にこのプログラムに貢献しています。

研究開発。 スタート時に最も困難な課題に挑む

50 年前、私たちは maestral®(フランスの Pierrelatte にある Technetics Group R&D Innovation Lab)を設立しました。1969 年に設立された maestral は、最も困難な設計と性能の問題を解決し、市場投入までの時間を短縮し、ラボから製造までの所有コストを改善するために形成された CEA (フランス原子力庁) と Technetics Group France の間のユニークなパートナーシップの結果です。

テスト中。 重要な課題を確実に達成する

当社の製品がどのような課題にも対応できることを確認するために、動的シール試験、流体シール試験、ラピッドプロトタイピング、有限要素解析を含む厳しい試験を実施しています。制御された試験と実世界でのシミュレーションの両方を行い、高圧・高温、複雑な機械的応力、材料間のユニークな相互作用、流体との関係、細菌の攻撃性など、最も困難な動作条件の下で性能を発揮するソリューションを見つけ出します。

製造業。 重要なアプリケーションでの信頼性の確保

業界や用途に関係なく、テクネティックス・グループは、最高の品質と性能であらゆる課題に対応しています。当社の設計システムは、今日の世界で最も洗練された装置のいくつかを組み込んでおり、誤差は許されず、完全かつ継続的な信頼性が必要とされています。現場での失敗は容認できないことを知っているからこそ、当社が設計するすべてのコンポーネントが成功し、長持ちするように構築されているのです。