30年、10億時間以上の実績を持つFELTMETALTM® 耐摩耗シールが、大手ガスタービンメーカーに流路効率改善用として採用されています。

テクネティクスグループの耐摩耗シールについて

耐摩耗シールは、固定されたエンジン部品に適用されると、ブレードチップとステージ間ラビリンスシールのナイフエッジを360度の全回転円弧を通して完全にシールすることができ、高価な回転ハードウェアの摩耗を最小限に抑えたり、排除したりすることができます。また、この耐摩擦性のある材料を取り付けることで、エンジンの運転クリアランスを最小限に抑え、エンジン効率を最大化することができます。

特徴

  • 高温用 テクネティクスグループ FELTMETALTM 耐摩耗シール材は、ブレードチップとラビリンスシールの用途において、最高760℃までの優れたクリアランス制御を有します。
  • 多彩なカスタマイズが可能。 テクネティクスグループ FELTMETALTM 耐磨耗シールは、任意のサイズまたは厚さに製造することができ、その構造は圧延、成形、または機械加工によります。

主な用途

  • ガスタービンメーカー 流路効率改善用
  • 航空宇宙・産業用タービン FELTMETAL™耐磨耗性シールは、ブレードアウターシール、ブレードインナーシール、ラビリンスシールに使用されています。

特性と技術情報

  • 繊維
    シールはテクネティクスグループの金属繊維で作られています。繊維の選択は、通常、アプリケーションの温度によります。
  • 密度
    製品密度は一般的に16%(固体の)から32%までの範囲です。焼結金属の密度は、100マイナス100%の空隙率です。
  • シールセグメント
    これらの厚さは0.1から0.3″です。長さの許容差は+ 1/16-0″であり、幅の許容差は± .020″です。厚さの許容差は公称の± 7%です。

製品

資料