メタルベローズシール アプリケーション。燃料ポンプ

背景

民間航空機用のポンプでは、既存のカーボンフェースシールが高い漏れとシールの故障を経験していました。Technetics Qualiseal® 技術を駆使して解決策を見つけた。

動作条件

  • 高速回転(27,000rpm
  • ドライ運転(無潤滑)の場合
  • 12.5 psid

原因と故障モードの究明

  • シールテストとQualiseal® 技術 FEAモデルでは650°Fまでの温度を示していた
  • 現在の二次シールは、高温のためにセットされています。
  • 高温によるカーボン樹脂の滲み出しの可能性

Technetics Qualiseal® テクノロジーソリューション

  • 高温用カーボングレードを使用したメタルベローズシールアセンブリの設計
  • アプリケーションを密閉し、過酷な温度要件を満たす