非接触型フェイスシールの用途ギアボックス

民間航空機エンジンのギアボックスでは、カーボンフェースシールの複数の箇所で高い漏れとシール不良が発生していました。Technetics社のQualiseal® メンテナンスのダウンタイムによる時間と費用を削減するためのソリューションとして、テクノロジーが求められました。

動作条件

  • 高速回転(最大27,000rpm
  • ギアボックスオイル(MIL-R-23699
  • 5 psid

原因と故障モードの究明

  • シールの高熱でオイルがコーク化
  • シール面に研磨剤入りのコークス粒子が入り込み、過剰なリークや摩耗が発生。
  • ギアボックスの定期メンテナンスの前に、漏れが多かったため、主翼のシールを交換する必要があった。

テクネティクスのクオリセアル® テクノロジーソリューション

  • 新しい非接触型カーボンフェイスシールを設計し、メイティングリングに流体力学的特徴を持たせることで発熱を抑制
  • 新設計により、定期メンテナンスのためにギアボックスを引き上げる前に、メンテナンスフリーのシールを実現
  • 最終的なデザインソリューションは、オリジナルの製品に比べてコストアップなし。