クイックディスコネクトシステム(QDS)

クイックディスコネクトシステム(QDS)は、省スペースという特長を備え、フランジ継手の組立と分解を迅速に行えるように設計されています。QDSは、管フランジのボルトによる組立に比べて必要なスペースが少なく済み、特にボルト数が多く取扱いが困難な狭い場所での組立が容易です。この特長は、作業員の被曝が問題となるような放射性環境下で特に効果を発揮します。

QDSは、標準ISO-KF(NW)サイズや、低圧、中圧、高圧アプリケーション用カスタムサイズの設定も有ります。専用フランジとクランプ内部はテーパー形状であるため、QDSはシールの厚さに対して調整が可能で、様々なシールが使用出来ます。締め付け時には、配管にねじりトルクはかかりません。

テクネティクスは、お客様の非常に特殊で複雑で重要なアプリケーションに沿ったQDSを製作しており、寸法を検証するために有限要素解析(FEA)を使用する場合もあります。

特徴と優位性

  • 組込時間の大幅短縮
  • 省スペース
  • センターリング水平組込が容易
  • 遠方からの締結が可能(オプションクランプ)
  • ISO 2861メーカー標準品も特注品も対応
  • 長寿命(10年以上
  • FEA(有限要素法)にて構造検証済
  • 非磁性(オプション)
  • パイプのねじれトルクがない
  • パイプDN10からDN600までの大きな寸法範囲

製品用途

  • 原子力:一次ループ、フィルタ、熱電対ノズル、取り外し可能、フランジ
  • 研究開発
  • 超高真空:加速器・核融合研究
  • PVD / CVD / エッチング装置
  • ガスや化学薬品輸送システム用
  • 圧力容器:圧力機器の閉鎖の設計
  • 航空宇宙

スペシャリストと話す

ご質問がありますか?Technetics Groupの製品スペシャリストがすぐにお答えします。

最高使用温度・圧力・リークレート

資料