原子力産業のための重要なソリューション

原子力産業では、お客様の製品が安全かつ確実に機能するという確信が必要です。これが、Technetics Group がシールソリューションのリーダーである理由です。"既製品」では不十分で、お客様の特定のニーズに合わせてカスタマイズされ、性能が実証された高性能の原子力シール、コンポーネント、およびサブシステムを設計するのはそのためです。結局のところ、50 年以上にわたり、テクネティックスグループのソリューションは、壊滅的な故障のリスクを低減することで性能を向上させ、安全性を向上させてきました。

原子力のライフサイクル全体のために

濃縮から再処理、発電から廃棄物処理まで、当社の核シールソリューションは、核サイクルのすべての段階で役割を果たしています。当社の重要なコンポーネントは、新規および既存の原子力発電所、使用済み燃料キャスク、核分裂炉、濃縮プラント、国立研究所で使用されています。その中には、原子炉圧力容器(RPV)クロージャヘッド、原子炉冷却水ポンプ(RCP)、クイックディスコネクトシステム(QDS)、メタルシール、ガスケットなどがあります。

イノベーションの推進

テクネティクス・グループは、原子力産業用の次世代シール部品の開発に力を注いでいます。南フランスにあるテクネティクス・グループのR&Dイノベーションラボであるメストラルでは、第4世代原子力発電や核融合プロジェクト、水素燃料電池や電気分解プロジェクトのための新しいソリューションを積極的に開発しています。私たちは、性能と寿命を向上させるために、最も要求の厳しい技術的課題の解決を支援しています。

ケーススタディ